変化率の計算

変化率を出すことがあったのですが、
あれ?どう計算するだったか?っとなったのでメモ

スポンサードサーチ

変化率とは?

変化率とは、ある値を基にどれくらいの割合で変化したのかを表します。 
増加率ともいうようです。

計算式

(変化後の値 – 基の値) / 基の値 * 100

例題1

例えば、
100 から 110 への変化率は10%
100 から 90 への変化率は-10%

っというのはすぐ出せますね。
これを式に当てはめてみると、

(110 – 100) / 100 * 100 = 10
(90 – 100) / 100 * 100 = -10

例題2

簡単な数値を使ったから、たまたまうまくいったと懸念があるかもなので、
ランダムな3桁の数値で実施。

582 から 358 への変化率は?
(358 – 582) / 582 * 100 = -38.4879725086 %

確認します。
-38% ということは、582を基に約62%の値が358ということになります。

582 * (100 -38.4879725086) / 100 = 358

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。