【GCP】Cloud SQLでtimezoneを変更する

スポンサードサーチ

設定方法

Google Cloud コンソールで、Cloud SQL インスタンス「編集」から
「フラグ」>「データベースフラグを追加」を選択

フラグを選択で「timezone」を選択
値に指定したいtimezoneを入力し、「完了」→ 「保存」で設定終了


ドキュメントにも書いてあった。

確認

TablePlusなどで接続して show timezone; を試してください。
ちなみに、TablePlusで接続して SET timezone TO ‘Asia/Tokyo’; を実行しても、そのコネクション上では変わっていても、接続し直すと戻っているので注意。

後、最近追加されたCloud SQL Studioでshow timezone;を実行すると、なぜか変化がないように見えますが、実施は変更されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です