初期化したMacでGitを使えるようにするまで

初期化したばかりのMacのターミナルでgitコマンドを実行すると
gitコマンドを実行するには、コマンドライン・デベロッパツールが必要です。ツールを今すぐインストールしますか?
っと聞かれたのでインストールを選択すると、

このソフトウェアは、現在ソフトウェア・アップデート・サーバから入手できないため、インストールできません
っと表示される。
マジかよ。。。Mojaveからっぽい。

スポンサードサーチ

Homebrewのインストール

後々他のことやるにしてもbrewを使うことが出てくるのでインストール。
Homebrewのページに行き、コマンドを確認

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

インストール完了後、brewコマンドが使えるようになったか確認

$ brew -v
Homebrew 2.5.7
Homebrew/homebrew-core (git revision 1d3ea; last commit 2020-10-27)

Gitのインストール

っと言っても、この時点でgitコマンドも使えるようになってるはず

$ git --version
git version 2.24.3 (Apple Git-128)

でも、どうせなら最新版を使いたいのでアップデート
ちなみに、最新のgitバージョン確認はこちら
(この時点では2.29.1が最新でした)

$ brew update
Already up-to-date.

まー、インストールしたばかりだからそうね。。。

$ brew upgrade git
Updating Homebrew...
Warning: git 2.29.1 already installed

お、最新のgitも入っていたっぽい。
パスの設定の問題だと思うので、手取り早くターミナルを再起動

$ git --version
git version 2.29.1

やったね。

2段階認証しているGitアカウントとの連携

主に GitHub Docs を読めばいい。

2段階認証を設定していない場合は、こちら を参考に設定しておきましょう。

2 要素認証を利用した GitHub へのアクセス より、
個人アクセストークンを使用するを参考にトークンを作成。

後は、git cloneの際にユーザ名, トークンを入力でOK

$ git clone https://{リポジトリURL}
Username: {gitアカウント名}
Password: {作成したトークン}

Gitコンフィグの設定

このまま開発に入った場合、AuthorがMacのユーザー名になってしまい、
例えば、コミットメッセージがユーザー名で残ってしまうので設定します。

$ git config --global user.name {gitアカウント名}
$ git config --global user.email {gitアカウントに紐づいているメールアドレス}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。